CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

静解析に近似できる現象とは

本来は動的な現象を静的に近似する場合、構造の固有モードの影響に注意する必要があります。入力荷重の変動周波数が構造が持っている固有振動数に近い場合、その変形形態は固有モードの影響を受け、静的に負荷された荷重による変形形態とは大きく異なってきます。これにより変位はもちろん、応力分布についても実際の状態を再現することが困難になります。

一般に静的に近似しても問題ないと考えられる入力荷重の変動周波数は、構造側の固有振動数の1/3以下と言われます。この条件を満たせば、静解析に近似しても固有モードによる影響は多くても数%に抑えることができます。

これはあくまで目安ですので例外はたくさんあると思います。1/3以上であっても誤差を承知で静解析で計算できるメリットを取ることもあれば、1/3より十分小さくても動解析を採用する場合もあります。要は要求される精度や許される工数などを加味して適切に判断する必要があります。

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

***************************
CAE技術者のための情報サイト
Facebookページ
Google+ページ
***************************
関連記事
[ 2011/12/31 15:47 ] 技術メモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。