CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2.実験値との照合作業のポイント|精度の高い解析モデルを構築するために

本項では実験で測定した応力値とFEMで解析した応力値を比較する場合のポイントについてまとめてみたいと思います。

基本的には、実験とFEMで同じ土俵にするということだと考えます。同じ土俵とは、実験、FEMの両者が同じ条件になるように環境を整えて値を比較するということです。例えば応力の向きなどは重要なファクターです。実験と異なる向きの応力を比較しても意味がありません。

とりあえず、タイトルだけ以下にリストしてみました。

<実験値との照合作業のポイント>

・ひずみゲージ貼付箇所の選定、計測方法
・計測データの処理
・FEMモデルの荷重設定方法
・FEM解析結果の応力参照方法
・計測値とFEM解析値との比較方法、解析精度の評価
・実験値から逆算する荷重同定の方法

思いつきで書いているので後で変更するかもしれませんが、今のところこれらについて順次書いていこうと考えています。
しかし詳細なノウハウは書けませんので、もしかしたら一般的な話になってしまうかもしれません。

---
ホームページの方にも各種連載講座を掲載しています。
http://jikosoft.com/

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

***************************
CAE技術者のための情報サイト
http://jikosoft.com/
***************************
関連記事
[ 2010/02/04 22:39 ] CAE活用のカギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。