CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6-(補足)設計者向けCAE|CAEを製品開発に効果的に活用するためには?

この前設計者向けCAEは、機能を絞って実装し、専門家でなくとも簡単に使えるようにしたものと書きました。そしていくら簡単だとは言え、それを扱うにはそれなりに知識が必要とも。

しかし、それは高度な解析をやろうとした場合のことであり、すでに標準化された簡単なモデルであれば、十分設計者で活用できると思います。

CAEのツールというのは、高度な機能がないほど近似の程度が増していきます。また、近似の程度が増すほど、どう近似するかを決めるために高い技術力が必要とされると考えます。したがってそのようなシステムは何も土台のないところでいきなり活用され成果を上げるとは思いませんが、社内にCAE専門家がいて、彼らが事前にモデル化検討をして、標準化されたものであれば設計者はツールとしてCAEを活用できると考えます。そういった方法で運用しているところも多いと思います。

ただし構造の大幅変更への対応や新たな負荷モードの追加など、日々新たに検討べきこともたくさんありますので、一度標準化したからずっとそれを踏襲されるとは限りません。したがって技術を持った人材の存在が不可欠と考えます。

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

***************************
CAE技術者のための情報サイト
http://jikosoft.com/
***************************
関連記事
[ 2010/01/19 21:38 ] CAE活用のカギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。