CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

5.誰にでも簡単に、とはいかないCAE|CAEを製品開発に効果的に活用するためには?

前回書いたCAE活用のポイントは、誰でも簡単にというわけにはいかないと考えています。なぜなら、80点を狙う解析モデルは積極的に近似を導入する必要がありますが、どう近似するかということを決める作業にはかなりの知識や経験を必要とされるからです。近似方法を決めてしまえば、モデル化作業自体は近似される分むしろ簡単になります。

また、結果の判断についてもそうです。ある程度自動化はできるかもしれませんがシステムは完ぺきではないので、結果が妥当かかどうかは常にチェックする必要があります。解析結果から妥当な判断を下すことは、最も技術力が必要とされる工程です。

そう考えると、やはりCAEにはそれなりの知識や経験など、高い技術力が必要になると思います。だから私たちは常に勉強し、多くの技術的知識を吸収していく必要があるのです。また、知識だけではなく、実験なども自分でやってみるなど現象そのものを体感する経験も必要です。

そういった知識・経験があれば、
・簡単に素早く必要な情報を得ることができるモデル化方針を立案することができるようになる。
・システムが出す膨大で怪しげなデータに惑わされず、必要な情報のみ抽出することができるようになる。
・解析結果から的確な設計的判断を下すことができるようになる。
と私は考えます。

ちなみにCAEを扱う上で必要な知識にはどのようなものがあるかというと、解析対象の商品知識はもちろんのこと、使われ方や試験条件に関する知識、対象の物理現象に関する工学知識、数値計算を利用する上での計算力学に関する知識、設計に関する知識・・・等などです。

しかしこれを設計者に要求するのはきついと思います。ただでさえ忙しい設計者に、本業でないCAEに関していろいろ勉強しろなんて・・・。

ではどうしたらよいか?次回考えてみたいと思います。

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

***************************
CAE技術者のための情報サイト
http://jikosoft.com/
***************************
関連記事
[ 2010/01/15 18:16 ] CAE活用のカギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。