CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

単位系について

一般の解析ソフトは単位系をどうするかについてユーザに任せている場合が多いです。しかしこれによりどのような単位系を用いれば整合性のとれた解析ができるのか迷ってしまうことも多いのも事実です。単位系の整合性が取れないまま計算して、よくわからない結果に困惑した経験のある方も多いことでしょう。

ここでは整合性のとれた単位系の組み合わせを列記してみます。業界・分野により使われる単位系は様々だと思いますが、とりあえず代表的な組み合わせを紹介します。また、とりあえず構造解析に限ります。

unit.png


ここで、




考え方としては、長さ、時間、質量を基準に考え、その他の単位はそれらの組み合わせで決めていくことです。例外は工学単位系で力にkgfを用いる場合です。これは長さ、時間、力を基準に考えます。

基本はSI単位系に統一することが一番だと思いますが、機械系の場合形状がmmで表記されることが多いため、整合性を取るためにどっかで調整が必要になります。通常の静解析ではあまり問題にならないかもしれませんが、構造の質量が影響するような動解析、固有値解析などを実施する場合は周波数で整合性が取れなくなるため特に注意が必要です。

[変更履歴]
2010/10/03:熱解析に使用する項目も追加しました。

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

***************************
CAE技術者のための情報サイト
http://jikosoft.com/
***************************
関連記事
[ 2010/09/29 21:06 ] CAE活用のカギ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。