CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CAEなんて必要ない!?

私のホームページやこのブログを真向から否定するようなタイトルですが・・
たまにCAEに対する認識というか、そもそも技術者としての考え方に疑問を感じる時がありますので、ここでCAEの位置付けについて考えてみたいと思います。

CAEはコンピュータによって技術的な検討を支援するシステムです。支援ということからも解るように、別にCAEがなくとも技術的な検討は可能です。しかし、最近では何でもかんでもCAEで、一部ではCAE解析の結果ないとだめみたいな風潮もあります。私はそれに疑問を感じるのです。

どんな手段を用いても、設計した製品が要求仕様をしっかり満足するのか、強度的な信頼性は問題ないのか、等々について技術的に説明できれば問題ないと思います。手計算でもよいし、横にらみでもよいですし、もちろんCAEを使ってもよい。技術者として技術的に設計根拠を示せればよいのです。

また、たとえCAEを使ったとしても従来の材料力学的な考え方による検討はやらなくてよいというわけではありません。極端な場合、CAEがあればそんなことは理解していなくても構わないという考え方もありますが、私はそんなことは絶対にないと信じています。コンピュータが設計してくれるわけではなく、設計するのは人間です。設計するに当たって、考え方のベースに材料力学(その他各分野の古典理論)があるのとないのでは、できるもの(製品)に大きな違いがでてくるはずです。

要は過度にCAEに頼るのではなく、自分で技術的に考えることを忘れてはなりませんという話でした。CAEはそんな技術者の"考えること"を大いに支援してくれるはずです。

***************************
CAE技術者のための情報サイト
http://jikosoft.com/
***************************
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。