CAE技術情報局

「CAE技術者のための情報サイト」の管理人JIKOのブログ。CAE技術者、機械系技術者向けの技術情報、ホームページの更新情報などを掲載していきます。
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アワーグラスモード

<アワーグラスモードとは?>

四角形や6面体の1次の低減積分要素を採用した場合、積分点が1つとなるため、変形してもひずみエネルギーが0と評価されるような不適切な変形モードが現れます。これをアワーグラスモードといいます。アワーグラスモードが発生した時の変形モードがちょうど"砂時計"に似ていることから"アワーグラス"と名付けられたようです。特に動的陽解法の解析では計算コストを抑制するために積極的に低減積分要素が使用されますが、この時アワーグラスモードの発生に注意する必要があります。ちなみに四面体や三角形要素では発生しません。

<アワーグラスモードの発生を確認する方法>

下図のような変形をしますので見た目でも解りますが、解りにくい場合はアワーグラスエネルギーをチェックすることで確認することができます。一般にアワーグラスエネルギーが内部エネルギーに対して10%以上を占めている場合は問題があると言われます(怪しい計算結果となる)。

<アワーグラスモードの回避方法>

アワーグラスモードはメッシュが粗い場合に発生しやすいので、これを回避するためにはメッシュを細かくする必要があります。その他ソルバーによってはアワーグラス制御のパラメータがいろいろ用意されているものもありますので、それらのパラメータを変更することにより回避できることもあります。

(そもそも低減積分要素を使用しないのが一番ですが計算時間が増大してしまいます・・)

下図はアワーグラスモードが発生した時のメッシュの様子です。

hourglass.png


↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2011/02/02 19:14 ] 技術メモ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

JIKO

Author:JIKO
 とあるメーカに勤め、CAEを担当する技術士(機械部門)。 コンピュータシミュレーションにより製品の強度や性能を評価するのがお仕事。
 CAE技術者のスキルアップを支援する『CAE技術者のための情報サイト』の管理人。
ホームページの詳細プロフィール

↓よろしければブログランキングにご協力を
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
書籍
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。